世界中の大きなサイズの人を笑顔にする!
2024.01.29 :L-Life編集部

着瘦せ効果あり!体型に合った大きいサイズのワンピースを選ぶ方法とは?

1枚で簡単に着ることができ、手軽感のあるワンピースですが、なんだか体型が目立ってしまう…と悩む人も多いですよね。

ワンピースを着こなすには、自分に合ったワンピース選びが重要です。そこで今回は体型に合った大きいサイズのワンピースを選ぶ方法をご紹介します。

YouTubeチャンネル・ニュークロで、体型カバースタイリストのゆかりんが解説する自分史上・最高に似合うワンピースの選び方も紹介するので、自分に合ったワンピース選びをしたい人はぜひ参考にしてくださいね。

体型に合わせてワンピースを選ぶ方法を解説

体型に合わせてワンピースを選ぶには、まずは自分の体型のタイプを知ることが大切です。

体型には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは胸や二の腕など上半身にボリュームがあるタイプです。もう一つは、太ももやお尻など下半身にボリュームがあるタイプと、タイプによって気になる部分が異なります。

ワンピースを選ぶ時には、自分の体型を理解し、気になる部分をカバーできるデザインを選ぶとよいでしょう。

ここからは、2つのタイプ別に体型に合ったワンピースを選ぶ方法を解説します。

【胸や二の腕】上半身にボリュームがある人

胸や二の腕など上半身にボリュームがある人は、上半身が重く見えないワンピースがおすすめです。

上半身にボリュームがある人におすすめのワンピースの選び方を3つみていきましょう。

ウエストを絞ってXラインを強調する

ウエストを絞ってXラインを強調したデザインのワンピースは、上半身がスッキリ見えるため着瘦せ効果を期待できます。

切り替えデザインのあるワンピースや紐でウエストマークできるデザインは、Xラインを強調できるためおすすめです。

ウエストを強調したデザインがなくても、ベルトを巻けばウエストを強調できます。

胸元が開いたデザイン

胸元が閉まったデザインよりも、Vネックなどの胸元が開いたデザインを選ぶと、首元がすっきり見えておすすめです。

さらに胸元にボタンデザインがあると、縦ラインを強調できるためシルエットがキレイです。

ジャストサイズを選ぶ

オーバーサイズを選ぶと、上半身にボリュームが出てしまい、気になる部分が強調されるため、ジャストサイズを選ぶのがおすすめです。

オーバーサイズだと胸のボリュームで体全体が大きく見えてしまいます。スタイルよくワンピースを着こなすなら、ウエストを絞ったデザインがよいですね。

【太ももやお尻】下半身にボリュームがある人

下半身にボリュームがある人は、上半身に目線がいくようなワンピースを選ぶのがおすすめです。

では、具体的にどのようなポイントに気を付けて選ぶとよいのでしょうか。2つのポイントを解説します。

縦のラインを意識する

上半身に目線が集まるデザインで、さらに縦のラインを意識したワンピースを選ぶと、細見えします。

ボタンがついたシャツワンピースは縦のラインを強調できるためおすすめです。

上半身に目線を集めるには、ワンピースにカーディガンを羽織るとよいでしょう。さらに、顔周りにボリュームを持たせる帽子などのアイテムは上に目線がいきやすくなります。

上半身に目線がいく工夫と縦のラインを意識したワンピースで細見えを期待できますよ。

Aラインで下半身をカバーする

Aラインのワンピースは、裾に向かって広がっているため下半身のカバーになります。

下半身をカバーしながら上半身はスッキリと見えるため、スタイルアップに効果的です。

体型別!これだけはしないほうがいいNGポイントとは?

ワンピースを選ぶときにはこれだけはしないほうがよいNGポイントがあります。NGポイントを避けることで、スッキリ見えるワンピースの着こなしができますよ。

体型別でNGポイントを紹介するので、チェックしてみてくださいね。

【胸や二の腕】上半身にボリュームがある人

上半身にボリュームがある人は、3つのポイントに注意しましょう。

ウエストの切り替えがゴム素材はNG

上半身にボリュームがある人は、ウエストを絞ったXラインを強調できるワンピースがおすすめです。しかしゴムでウエストを絞るとかえって上半身のボリュームを強調してしまうことも。

ゴムでウエストを絞ると、胸を強調してしまったり、腰肉を拾いやすくなるといったデメリットがあります。

ゴム素材ではなく、紐タイプなら自分に合った絞り方ができるためおすすめです。

中には絞る位置がずれるという人もいますよね。紐なら上にずり上がることが少なく、胸を強調しにくくなりますよ。

ぴったりと体のラインを拾う生地はNG

リブ素材など、体のラインがピッタリ出て、上半身のボリュームが強調されるようなワンピースはNGです。

ワンピースを選ぶ時には、柔らかく、すとんと落ちる素材を選ぶのがおすすめです。

ハイネックワンピースは厚手素材NG

ハイネックワンピースを着るときには、厚手素材よりも薄手素材を選びましょう。

厚手素材だと上半身にボリュームを足してしまいます。

ハイネックで首が詰まるデザインでも薄手素材ならスッキリして見えるため、着瘦せ効果抜群です。

【太ももやお尻】下半身にボリュームがある人

下半身にボリュームがある人は2つのポイントに注意しましょう。

短めの裾はNG

下半身にボリュームがある人は、ふくらはぎの中間ほどの丈のワンピースは気になる部分が見えてしまうためおすすめできません。

足が見える長さよりも足首くらいまで長さがあるほうがシルエットがキレイに見えます。

しかし身長が低めの人は、足元が重く見える長めの丈は敬遠しがちですよね。

身長が低めの人は、裾に透け感があるワンピースを着ることで足元が軽く見え、重く見えにくくなります。

透け感のある裾のデザインは、体型カバーと共に身長カバーにもなります。

さらに、ウエストを絞ったデザインを選べばメリハリが強調され、スタイルアップ効果も。

首元はVネックでスッキリさせれば、抜け感のあるワンピースコーデができます。

ボディラインが分かるものはNG

ボディラインが分かりやすいワンピースは、下半身が目立ちやすくなります。

下半身が目立ちにくいワンピースを選ぶなら、ボディラインを拾いにくい、肉厚感のある生地を選びましょう。

YouTubeでは肉厚感のない生地をと紹介されていましたが、実体験では厚手の生地がおすすめです。

肉厚感のある生地を選べば体のラインに沿わず、ボディラインが目立ちません。

生地感もチェックしてワンピースを選びましょう。

体型に合わせてワンピース選びをしよう!

体型に合ったワンピース選びをすれば、体型をカバーでき、スッキリとスタイルよく見せられます。

反対にNGポイントをしてしまうと、体型が強調されてしまうことも。

体型に合わせたワンピース選びをして、おしゃれを楽しみましょう!

この記事を書いた人: L-Life編集部
L-Life編集部
20代から◯代までの女性、男性が集まるL-Life編集部。
体の大きな人の生活をより豊かに、笑顔あふれる毎日を創るをコンセプトに、大きいサイズの人たちへ情報を発信中。

Twitter https://twitter.com/l_life_magazine/
【10連休も可能】2021年~2022年の年末年始・正月休みはいつからいつまで?
【山口】大きいサイズのメンズ服が買える店舗!おすすめのショップ3選
【岐阜】大きいサイズのメンズ服が買える店舗!おすすめのショップ3選
【埼玉】大きいサイズのメンズ服が買える店舗!おすすめのショップ4選
Tags