世界中の大きなサイズの人を笑顔にする!
2022.11.30 :L-Life編集部

女性の「太ってる」基準はどこから?「ぽっちゃり」と「太ってる」の境界線もご紹介

「男性はぽっちゃり女性が好き」などとよく聞くけれど、実際ぽっちゃりの基準はよくわからないですよね。同じ体重でも筋肉質なのか脂肪が多いのかで見た目は異なり、体重だけを基準にすることはできません。

当記事では、太っている女性の基準についてご紹介します。「ぽっちゃり」と「太っている」の境界はどこにあるのかや、着やせテクニックについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

男性の太っている基準についての記事や、現役医師の馬渕まり先生に「そもそも肥満とは何か?」についてお聞きした記事もありますので、そちらもご覧になってみてくださいね。

日本肥満学会によると、肥満の定義は「BMI25以上」

画像:Pixabay

太っている基準の一つとして、日本肥満学会はBMI(Body Mass Index)25以上を「肥満」としています。

BMIごとの肥満の度合いは次のとおりです。

BMI 肥満度
18.5未満低体重(やせ)
18.5〜25未満普通体重
25以上普通体重
厚生労働省, 生活習慣予防のための健康情報サイト

BMIとはボディマス指数と呼ばれ、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。

BMIの計算方法は以下の通り。

体重(Kg)÷身長(m)の2乗

BMI値に関しては男性、女性の違いはなく、基準値は男女共に22.0と言われています。ただ、男性の方が女性よりも筋肉質であることから、同じBMI値でも脂肪が多い女性の方がややぽっちゃりして見えるかもしれません。

身長160cmで体重65kgなら、65÷(1.6×1.6)=25.39なのでBMI25.39。25を超えているので、日本の基準では肥満ということになります。

BMIが25を超えると脂質異常症や糖尿病、高血圧など生活習慣病リスクが高くなり、BMIが30以上になると減量治療が必要になってくると言われています。(参照:厚生労働省, 生活習慣予防のための健康情報サイト)

BMIがすべてではありませんが、健康面で問題があるかどうかの基準の一つとして覚えておくといいでしょう。

BMIが高くても筋肉量が多ければ「太っている」とは言えない

画像:Unsplash

たとえBMIが高くても、筋肉量が多ければそれは「太っている」とはいえません。アスリートの体重は意外と重たい人が多いですが、「太っている」とはほど遠い、引き締まった体型をしています。

筋肉量が多い人もいれば少ない人もいるので、体重だけを落とせば理想の体型になれるわけではありません。女性はもともと男性よりも脂肪が多いので、引き締まった体型に見せるためには筋肉量やメリハリが重要なポイントになるでしょう。

体重が軽くても、二重あごやぽっこりお腹では太っている印象を与えてしまいます。逆に多少体重が重くても、顔まわりやウエストなどが引き締まっていれば痩せて見えるでしょう。大切なのは体重ではなく、どの程度引き締まっているか、つまり見た目です。

自分はぽっちゃり?それとも太ってる?女性の「太ってる」境界線診断方法

画像:Pixabay

鏡を見た時、自分が太ってるかどうか冷静に判断するのは難しいですよね。

ちょっと体型が崩れ始めても、体重がさほど変わっていないと「まだ大丈夫」と思ってしまうもの。しかし、第三者の目は意外と厳しいのも事実です。

ここからは、自分が太ってるかどうかのセルフチェック方法を紹介します。体重計ではなく全身が見える鏡を用意して、自分のスタイルを確認していきましょう。

重要なのは体重より見た目!ウエスト周りのぜい肉をチェック

  • 下腹が出ている
  • ズボンの上にお肉が乗る
  • ウエストにくびれがない
  • 脇腹の脂肪が浮き輪のようについている
  • 座った時にウエストのベルト部分がめり込む

上記のような状態であれば、あなたはぽっちゃり女子である可能性が高いです。

  • 直立の状態で二段腹になる
  • 下着のゴムに肉が覆いかぶさる
  • 座った時にウエストのベルト部分が肉に埋もれてしまう
  • バストよりウエストの方が大きい

上記に1つでも当てはまれば、ぽっちゃりを通り越して「太っている」状態だといえます。この状態になると、健康面が心配なのでダイエットをお勧めします。

体全体がぽっちゃりしていても、ウエストにくびれがあると引き締まった印象になります。逆に、体全体を見ると太っていなくてもウエストにくびれがないと太っている印象を与えてしまいます。体重よりも細く見せたいのであれば、ウエスト周りを意識した運動をしてみるといいかもしれません。

顔に肉がつきやすい人は「太ってる」と思われやすい

  • 顔にふっくら肉がついている
  • 顔の肉がピンと張っていてツヤがある

上記のような状態なら、あなたはぽっちゃり女子の可能性が高いです。

  • 鏡で真正面から顔を写した時に二重あごになっている
  • 輪郭がはっきりしない

上記のような状態であれば、第三者から見て「太っている」と認定されやすくなります。顔は人から一番見られる場所なので、体が細くても顔がパンパンだと太って見られがち。逆に、体にある程度肉がついていても顔の輪郭がシャープな人はすっきり見られる傾向にあります。

顔に肉がつきやすい体質の方は、意識してマッサージしたり表情筋を鍛えたりすると、見た目の印象が変わりますよ。輪郭がはっきりすると、小顔効果も期待できます。

他にもこんなところをチェックしてみよう

ウエストや顔の輪郭以外にも「太っている」印象を与えるポイントは存在します。ウエスト・顔以外で太っていると判断される基準は以下の通り。

  • 手首や足首に脂肪がついている
  • セルライトが目立つ
  • 動きがのんびりしている
  • 鎖骨が見えない

他のところが多少太っていても、手首や足首、ウエストや鎖骨といったところが細ければすっきりとした印象になります。セルライトは痩せている人にも見られますが、あまりにも目立ちすぎるセルライトは「太っている」印象を与えてしまうようです。

また、体型のせいで動きが鈍くなってしまうようでは、健康面でもちょっぴり心配です。痩せている状態と変わらない動きができる程度にダイエットした方がいいかもしれません。

モテるぽっちゃり女子のポイント

画像:Unsplash

ぽっちゃり女子と太っている女性では、モテ度がかなり違います。ここからはモテるぽっちゃり女子のポイントをご紹介します。

考え方がポジティブで明るい

体型うんぬんよりも、モテる女性はとにかく性格の明るさがポイント。体重や体型に囚われず何事もポジティブに受け止められる女性は、話していて楽しいという意見も多いです。

清潔感があり身だしなみを忘れない

清潔感はとても大切です。いつ会っても身だしなみをきちんと整えている女性は、異性からも同性からも好印象。

「どうせ太っているから」と人目を気にしない態度や身なりでは、たとえ顔がきれいでも魅力的とはいえないでしょう。ぽっちゃりとした体型でもきちんとヘアメイクを整えて可愛くなろうと努力している女性は、とても魅力的。

自分に似合うファッションを楽しんでいる

ぽっちゃり体型の女性は、ふんわりとしたシルエットのファッションがよく似合います。細く見せようと、きつめの洋服を無理して着るとかえって太って見えてしまうことに。

等身大の自分に似合うファッションを楽しんでいる女性は、キツさやギスギス感がなく、安心感があって好印象を与えます。

肌がきれい

ぽっちゃり女子のモテる理由の一つに、肌のきれいさが挙げられます。ピンと張った肌のハリ、滑らかで触れたくなるような肌の質感は、痩せている人にはない魅力と言えるでしょう。

美味しそうにご飯を食べる

ご飯を美味しく食べる女性は、男性からも人気があります。みんなで楽しく食事している時にカロリーばかり気にしている人は、あまり魅力的とはいえませんよね。

「美味しいね!」とニコニコ楽しそうに食事する人は、周りの人も笑顔にさせる魅力に溢れています。

ぽっちゃり女子必見!着やせして見える服の選び方

画像:Unsplash

ぽっちゃり&太めの女性でも、着やせするアイテム選びや着こなし方次第でスタイル良く見せられます。

ここからは、L-Life編集部がおすすめする着やせテクニックを紹介します。今まで「サイズが入ればいい」と思っていた方も、きっと可愛い自分を発見できますよ!

濃色のIラインでほっそり見せる

黒やネイビー、チャコール、ブラウンといった濃いめのカラーは、すっきりと見せてくれる着やせカラーです。逆に明るいカラーや暖色系のカラーは膨張して見える色なので、着やせを狙う時にはコーディネートに注意が必要。

広がりが少なくストンとしたシルエットのワンピースは、気になるお腹まわりやお尻をしっかりカバーしつつ、縦ラインを強調してほっそり見せてくれる優秀アイテム。さらにストライプシャツとのドッキングデザインなら、細見え効果抜群です。

ワンピースの他にも、落ち感のある生地のロングカーディガンやジレなども、Iラインが簡単に作れるおすすめアイテムです。

Xラインでウエストを強調

トップにボリュームのある方の体型カバーには、Xラインを意識したスタイリングがおすすめです。体の真ん中あたりにくるウエストをキュッと細く見せることで、メリハリの効いたスタイルに見せることができます。

ウエストがシェイプされたデザインやドロストデザインのトップスを取り入れたり、ベルトでウエストマークするなどしてウエストのラインを強調すると、着やせ効果抜群。ボトムスにワイドパンツやふんわりとしたロングスカートを合わせれば、自然に下半身もカバーできます。

足元はローカットのスニーカーやパンプスで足首を見せると、軽やかさがグンとUP。

黒パンツの引き締め効果は絶大

下半身にコンプレックスがある方におすすめなのが、黒パンツです。裾に向かって絞られたテーパードパンツなら、自然にほっそりとしたラインを叶えることができますよ。

トップスは、気になるお腹周りをカバーしてくれるロング丈のトップスやチュニックを合わせるのがおすすめ。ふんわりと広がるボリューム感のあるトップスでも、コンパクトなボトムスとの対比でメリハリの効いたシルエットに仕上がります。

シューズはボトムスと同じ黒で繋げて脚長効果を狙うのが◎。

女性の太ってる基準は見た目で判断される!

画像:Pixabay

女性の太っている基準はあくまでも体重ではなく見た目が重要です。時には全身を鏡に写したり、自分の写真を冷静にチェックしてみると体型の課題が見えてくるはずです。

体型に気になるポイントが多少あっても、身だしなみに気を使い、いつでも笑顔でポジティブにおしゃれを楽しんでいるぽっちゃり女性はとても魅力的です。ぽっちゃり体型でも着やせ効果のあるアイテム選びやスタイリングによってすっきり見せることができます。ご紹介した着やせテクニックを上手に取り入れて、ぽっちゃり女子ならではの魅力的なおしゃれを楽しんでくださいね。

この記事を書いた人: L-Life編集部
L-Life編集部
20代から◯代までの女性、男性が集まるL-Life編集部。
体の大きな人の生活をより豊かに、笑顔あふれる毎日を創るをコンセプトに、大きいサイズの人たちへ情報を発信中。

Twitter https://twitter.com/l_life_magazine/
低カロリーのハンバーガーを食べたい!人気ハンバーガーチェーンのおすすめ商品5選
男性で「太ってる・デブ」基準はどこから?男のぽっちゃり診断方法
【10連休も可能】2021年~2022年の年末年始・正月休みはいつからいつまで?
ぽっちゃりやおデブ男性は結婚できない?婚活の実態を調査
Tags